パナソニックのロボット掃除機RULO MC-RS300

私はいくつかの掃除機を持っていますが、今回はその中の一つの掃除機の感想を述べさせていただきます。

・メーカー:パナソニック
・機種名:RULO MC-RS300
・価格:65000円

私がなぜこの掃除機を買ったかというと、普通に掃除する掃除機は持っていますが、私は共働きで掃除をすることがあまりできず、ほとんど休みの日しかできていない状況でした。

ですから、昼間私が家にいない間、簡単でもいいから掃除をしておくことが出来たら…と思ってこの掃除機を購入しました。

ロボット掃除機といえばアイロボットのルンバが有名なので、そちらも検討しましたが最終的にはパナソニックRULO MC-RS300を買いました。

パナソニックRULO MC-RS300のメリット

良い点としては、まず、平たんな場所の掃除はしっかりできるということです。

障害物があってもゆっくりとその周りを周回し、結構丁寧にフロア内を回ってくれています。

あと、背が低いので、ベッドの下などの隙間にもすいすい入っていって、普段掃除ができていなかったところも掃除してくれるので助かっています。

また、吸引力にははじめは不安があったのですが、購入してすぐにゴミをばらまいてみて、その周辺をこの掃除機に吸わせてみたのですが、意外としっかりと吸引していました。

掃除機が走った後はゴミは残っていなかったので、しっかりとゴミの場所を走ることができれば掃除はしてくれると思います。

また、掃除が終了すると、充電器まで自動で戻って充電するので、いつも充電切れがなく安心して使用できます。

デメリット パナソニックRULO MC-RS300

次に悪い点についてですが、まず、少しの段差でも引っ掛かって動かなることが良くあります。

私の家では、戸のレール数mmの段差のところでも引っ掛かっていることがあります。

あと止まってしまう個所として一番多いのは、コード類です。

コンセントなどのコードには必ずと言っていいほど引っ掛かって動かなくなるんで、使用前にしっかりとコード類を整理しておかないと、動かしてすぐに引っ掛かって動かなくなっているようになっています。

あと掃除機自体が小さいので、ダストボックスがすぐにいっぱいになってしまいます。

使う前には毎回ぐらいダストボックスの確認をしているので手間がかかってしまいます。

私は設定とかせずに電源ボタンを入れるだけで使用していますが、同じところをぐるぐる回っていることもあって、部屋のすべてをきっちり掃除するのは難しいと思うので、普段の掃除にプラスアルファというぐらいで使用しています。

ダイソンV8アブソリュートSV10ABL2のメリットとデメリット