ダイソンbaii fluffy CY24

ダイソンbaii fluffy CY24を量販店にて、6万3千円で購入しました。

6年ほど使用したパナソニックミニサイクロンが壊れたので買い替えです。

ペットの抜け毛がこれまでの掃除機では吸いきらなかったので吸引力が評判のDYSONを試してみたかったのです。

使用時間を気にせずに掃除がしたいのでコード式を選びました。

良かった点は、まずお手入れが楽なところです。

フィルターが不織布のような消耗品ではなく金属の部品でできていて、それを年に一度水洗いするだけで良くとても簡単です。

サイクロン部分以外のゴミ受けやヘッドブラシなどもほとんどのパーツが水洗いが可能なので清潔に使用できます。

そして吸引力も評判通りです。

大きなブラシと力強い回転でカーペットについた毛も綺麗にこそぎ取ってくれます。

音は静かとまでは言えませんが気にならない程度ですし、排気が綺麗だというのも実感はできませんでしたが気分的に嬉しいです。

悪い点は、全体的に質感がごつくて重いことです。

お店の広いお試しコーナーで使った時は小さくてコロコロと動かしやすく感じたのですが、マンションの狭い我が家で使ってみると勝手が違いました。

ハンドルが太くて握っているだけで疲れてきます。

ヘッドも重くて物をどかしながら片手でスイスイというわけにはいきません。

また厚みもあるので家具のすき間やソファーの下に入っていきません。

角や隅のゴミも、いちいちコツが要る感じで吸い残してしまうことが多いです。

本体にあるヘッドをひっかけるフックが低いところについており立てて収納できません。ちょっと立てておいて机を動かす、といった動作もしづらくなります。

すっかり掃除機がけが億劫になってしまい汚れをためてしまう始末に。

結局パナソニックのミニサイクロンを再度購入し、この商品は倉庫で眠っています。

値段も高いと思います。

パナは半額くらいで入手できました。

マンションなど狭い空間に向けた商品なのでしょうがあまり向いていないと思います。

特に女性や高齢者にはおすすめしません。広い空間でじゅうたんを掃除したい方には良いと思います。

ダイソンV8アブソリュートSV10ABL2のメリットとデメリット