ホロドモールの食人がエグイ【ウクライナ人肉】

holodomor-3

ホロドモールとはウクライナでおきた大飢饉のことを言います。

ソビエト連邦(現ロシア)にとって、ウクライナの小麦の輸出はお金を稼ぐために重要なモノでした。

なので当時のソビエトがウクライナから徹底的に小麦を搾取、市民が食べるパンさえも奪ったことで、推定で400~1400万人以上が死亡したと言われます。

ホロドモールは1932~33年に発生、ソ連が計画的におこしたと議論され、2006年にウクライナ議会がジェノサイド(大量虐殺)であると認定してます。

ジェノサイドと言えば、ナチスドイツのユダヤ人大虐殺(ホロコースト)が有名ですが、飢餓という点からみるとこちらもエグイですね…

人肉を食べるしかない

SnapCrab_NoName_2017-2-18_8-52-49_No-00

人間、食べるモノがないと生きていけませんから、鳥、犬、猫などを捕まえて食べたり、しまいにはドングリ、雑草、ミミズなども食べるようになります。

それでも食べるようになったウクライナ人は究極の選択に迫られます。

死体や赤ん坊を食べるか? このまま死ぬか?

「食人なんてできない」と餓死していった人もいれば、仕方なく家族の人肉を食べて飢えをしのいだ人もいるでしょう。

逃げることはできなかったのか?

日本と違ってウクライナは島国ではないので、「他国に難民として逃げれなかったのか?」と疑問に思うかもしれません。

しかし村を軍隊で包囲されて、飢えた状態で逃げ出せないようにされていたので、人肉を食べて飢えをしのぐしか手段がなかったのです。

逃げ出せないような仕組みを作ると言う意味では、ナチスのホロコーストと似てるように感じますね。日本で同じようなことが起きたらとおもうとゾッとします。

 

「飢餓で苦しむくらいなら…」と首つり自殺をする人も多かったようで、かわいそうな子供を苦痛から解放するために殺してしまう母親もいたようです。そしてその子供をたべる食人が生まれるわけです。

旧ソビエト連邦(ロシア)はホロドモールの事実を長年認めようとしませんでしたが、国際社会での非難を考えると隠蔽したいと思うのは当然ですね。

政治危機

ウクライナ情勢がニュースで取りあげられ、ロシアとの関係が問題になっています。クリミア半島がうんぬんみたいな感じで。

私自身、日本から離れた国なので、ウクライナ情勢の問題はよく理解していませんでしたが、過去のホロドモールを考えると、ロシアと仲良くできないのは当然と言えます。

日本でも中国、韓国などと歴史認識のすれ違いから問題がおきてますが、ホロドモール問題があったウクライナ、ロシア情勢は根が深そうですね。

 

食人をしたドイツ人

食人のことをカニバリズムと呼び、「人肉ってどんな味なんだろう?」とギモンに思う方もいるかもしれません。

ドイツの殺人犯アルミン・マイヴェスは刑務所内のインタビューで、人肉の味は豚のようで少し苦味があるが、とっても美味しかったと言ってます。

牛や豚と同じで、肉の部位によって味が変わると思われますが、日本版ホロドモールでもないかぎりは食べることはないですし、食糧危機で餓死するのはゴメンなので、第三次世界大戦がおきないことを祈るばかりです。

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ