新品ブランドものを安く買う方法【偽物ではなく正規品】

shopping_brand_goods

「ブランド品を安く買いたい!」

グッチ、ヴィトン、シャネルなどなど高級ブランド品は人気があります。

わたしはグッチが好きなんですが、どこの馬の骨か分からないような財布を持つよりは、ブランドものの財布を持ちたいと思いますし、女性ならバッグなども人気があります。

ただそんなブランド品は高価なので正規代理店で購入するとお金がいくらあっても足りません。

しかしドンキホーテ、リサイクル店、ネットオークションなどで買うと、偽物をつかまされそうでちょっと怖いですよね?

そこで今回は新品ブランド品を安く買う方法について解説します。

家族セールを利用する

ファッション業界では有名ですが、有名ブランドメーカーでも「ファミリーセール」と言うのを開催しています。

ファミリーセールとは社員、その家族だけをご招待する、特別割引セールだと思ってください。

ファッション業界にかぎらず、家電量販店でもご優待様限定セールを開催しますよね? あれと同じようなモノだと思ってください。

 

ファミリーセールでは通常価格の3割引以上、ブランド品によっては7~8割引きと言うのもザラになります。

なのでアパレルメーカーで勤務してる家族、友人がいる場合、入場券をゆずり受けることで安くブランド品を買うことが出来ます。

もし自分が行けない日に開催される場合は、社員である家族、友人にお願いして買ってもらうのもアリです^^

家族がいなくても入場券は手に入る

「家族や知人にアパレルメーカー勤務の人はいない」って方もいると思いますが、オークション転売サイトで探すと入場券が売られてることがあります。

我々としては喉から手が出るほど欲しい入場券ですが、そのブランドメーカーで働いて働いてる社員からすると、どうでも良かったりすんですよね(汗)

グッチで働いてるから、逆にグッチの物ばかりでそろえたくないみたいな。トヨタ自動車で働く人が、あえて日産で車を買うようなものですね。

なのでチケット転売、オークションサイトで「ファミリーチケット」で検索すると、自分が住んでる地域から近いところで開催されるイベントの入場券をGETできる可能性があります。

裏技

「せどり」と言葉を聞いたことがありますか?

せどりとは安く仕入れたモノを、高い値段で売って、差額で儲ける方法をいいます。

例えば1万円で仕入れたモノを、1万5000円で売れば5000円の利益になります。実際は送料、梱包代もかかりますが、それでも4000円以上は稼げるって仕組みです。

 

ブランド品は男女問わず人気なので、安くて手に入れたいと言う人が大勢います。

そこで先ほど書いた家族セールを利用して、ブランド物を安く仕入れ、定価で売れば差額で稼ぐことができます。

仮に定価4万円のグッチの財布を50%OFFの2万円で手に入れた場合、定価より少し安い3万5000円で売ったとしても1万5000円の利益になります。

ブラックな方法なので推奨はしませんが、実際こういうことをやってる人はいますし、ライブのチケット転売で稼いでる人もいます。

少しでも安くブランド品を買って、あわよくば稼ぐことができる、家族優待セールは美味しいですよね。

落ちてたクレジットカードを拾ったら悪用する?

クレジットカード

「あれってもしかしてクレジットカードじゃね?」

クレジットカードを落とした、財布をなくしたという話はチラホラと聞きます。

誰かが紛失するということは、誰かが拾うわけで、もし落ちてたクレジットカードを拾ったら悪用しますか?

現金と違ってリスクがある

財布の中のお札をネコババするのと違い、クレジットカードを悪用するのはリスクがあります。

なぜならクレカはお金と違って利用履歴が残ってしまうため、悪用したときに警察にバレてつかまる可能性があるからです。

ネットショップで使ったらすぐにバレますし、お店で使っても防犯カメラから割り出されることがあります。

バレにくくするために県外のお店へいって、ヘルメットをして商品を買えば、防犯カメラに映ってもバレない可能性はありますが、強盗と間違われそうですね(苦笑)

警察に届ける?

財布を警察に届けて持ち主が現れた場合、謝礼として1割もらえるという話を聞いたことがあると思います。

遺失物法の規定では5~20%となっていますが、一般的には間をとって1割と言われることが多いです。

しかしクレジットカードの場合は、警察に届けても特にメリットがありません。

クレジットカードのご利用限度額の10%をもらえるみたいな決まりはありませんので(汗)

しかし警察ではなくてカード会社に届けるとメリットがあります。

商品券をもらえる

クレジットカードの裏面をみると「このカードを拾得された方は連絡をください(薄謝贈呈)」と書かれています。

そしてカード会社の電話番号、住所なども一緒に掲載されてることがほとんどです。
 

クレジットカードが不正利用された場合は、盗難保険があるので所有者はお金を支払う必要はありません。

しかしカード会社としてはデメリットがあるため、拾ったことを連絡してくれれば、お礼をしてもらえるケースが多いです。

具体的には商品券1万円前後をもらえることが多いとされています。

所有者もウレシイ

財布ごと拾った場合は、運転免許証・保険証などが入ってるため警察でもすぐに連絡をすることができます。

しかしクレジットカードのみを拾った場合、警察は所有者の連絡先がすぐには分からないので対応が遅れます。

しかしカード会社は顧客情報をもっていますので、紛失したカードを見れば、すぐに所有者に連絡をすることができます。

まとめ

落ちてたクレカを拾ったらカード会社に連絡をする。

そうすれば拾った人は商品券をもらえますし、カード会社は不正利用されずにすみ、所有者はすぐに連絡がきて安心できて、警察は仕事が減ります。

カード会社に連絡すれば1粒で4度美味しい、みんながニッコリ笑顔と言うわけですね^^

「クレジットカードを拾ってしまった…使ってしまうか?」と魔がさすことがありますが、バレるリスクが激高なので、クレジットカード会社に連絡して商品券をもらいましょう。

「え? 財布の中のお札をどうするかって?」それはあなたが決めてください(笑)

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ