飲食店の売上アップ方法のカギをにぎるのは顧客満足度

20130117135848-24-200x300

クソ!どうして売上が上がらないんだ…

このような飲食店オーナーさんが非常に多いのですが
お店にきたお客さんが満足したかどうか?

つまり顧客満足度が高いかどうかがカギを握ります。

 

そう考えると飲食店の場合は料理の味
目がいく店舗オーナーさん多いのですが
本当にお客さんが求めてるのはそこでしょうか?

例えば吉野家に牛丼を食べに行く人って
味よりも速さ、安さを求めてるお客さんが多いです。

カフェならゆったりとした空間を楽しみたいので
料理の味は二の次という人が多いんですよね。

つまりお客さんが感じる価値を考えて
自分のやりたいこと、こだわりよりも
お客さんを優先することで顧客満足度は上がります。

 

お客さんに喜んでもらうためには?

ちびっこ共和国というお店があります。

20~30代女性は独身のころ、子供が生まれる前は
行きつけのカフェがあるという人が多いです。

しかしカフェに子供を連れていくのは難しいんですよ、
子供がさわぐと周りの目が痛いので(汗)

私の妻もそうなんですがカフェに行きたいけど
子供がいるからいけないとなげいてました。

そう言う小さい子供がいる若いママさんを
喜ばせるために徹底的に考えて作られたのが
ちびっこ共和国というカフェになります。

ちびっこ共和国(カフェ)

ちびっこ共和国では時間制限がございません。
何時間でも子どもが飽きるまでどうぞゆっくりおくつろぎ下さい。

堅苦しいルールはなし!
お片づけや食育児などマナーを学んで一緒に育てましょう!

滑り台やボールプール、おもちゃやTVスペースを設け、
子どもが思いきり楽しめる空間作りをしています。

ママ目線、こども目線で設計された店内はとても安心。
低い座卓中心で小さなお子様も安心です。

引用元:ちびっこ共和国

このような感じでお客さんが求めてるモノ
喜ばせるためになにをしたら良いのか?

ココを真剣に考えることで顧客満足度は上がり
先ほど紹介したちびっこ共和国のように
リピート率を上げることが出来ます。

リピーターは定期的に来店してくれるので
新規のお客さんを集めるより圧倒的に有利です。

またリピーターのお客さんは家族、友人を連れてきたり
口コミで勝手に宣伝してくれます。

 

目に見える効果だけで勝負するな

飲食店のばあい値段、量は目に見える効果です。

しかしココで勝負をしてると薄利多売になるので
よほど回転率を上げないと売上が伸びません。

またスタンプカードで
500円割引なども何度もきてもらうため
リピート率を上げるためにやってることですが
大きな効果はないんですよね…実は。

 

このような目に見えるモノだけじゃなく
ウレシイ、楽しい、感動、いやしなど
目に見えないモノを求めて来てるんです。

そうやってお客さん目線になって
喜ばせるために、楽しませるために
なにが出来るか一生懸命考えることで
顧客満足度は上がり、リピート率が上がり
その結果として売上があがるんです

 

ただ売上をあげようと思ってるオーナーさんは
お客さんをお金としか見てないわけですよ。

飲食店をはじめた時はアツイ想いがあったはずなのに
売上が伸びず、いつしかお金儲けのためだけに
お店を開くようになってしまった…

そんな状態からブレイクスルーを起こして
ハッピーなお店を作りつつ、売上アップを目指しましょう!

 

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ