飲食店の宣伝広告を出す前にやると効果的なこと

che100

もっとお店にお客さんがきてくれたら…

そこでぐるなび、ホットペッパー、食べログ
フェイスブック広告、折り込みチラシなど
宣伝をして集客アップをやるオーナーさんは多いです。

しかし実際に宣伝広告を出した話を聞くと
出した時はお店に足を運んでくれる人は増えるけど
しばらしくしたら元通りになると言ってました。

 

多くのオーナーさんは集客力がないと思ってますが
問題は他にあるケースがほとんどでなんですよ(汗)

ココが分かってないと集客コンサルタントの
懐を温めるだけであなたの財布のお金は
ドンドンと出ていく一方になります。

 

広告を出す前にすべきこと

フェイスブック広告、チラシなどで宣伝する前に
やるべきことはリピート率の向上です

ちょっとイメージをして欲しいのですが
穴が開いたバケツがあるとします、
そこに水を入れたらどうなるでしょうか?

当然ですが穴から水がドンドンもれるから
いっこうにたまってきませんよね?

 

これと同じでリピートの仕組みが出来てないと
いくら集客をしても少し客足が増えるだけで
広告の効果がなくなったらもとに戻ります。

穴の開いたバケツにホースで水をガンガン入れても
水を止めたら穴から水が出ていくのと同じです(汗)

つまりバケツの穴をふさぎ(店の問題点を改善)
ホースで水を入れる(広告で集客する)

なので広告を出す前にリピート率改善をしないと
穴の開いたバケツで水をすくうことになってしまいます。

リピーターが増えれば雪だるま式に収益アップ

例えば広告費を5万使って集客アップ
最終的に手元に5万円残った場合は
プラスマイナス0になりますよね?

でもリピーターが出来る仕組みを作っておけば
広告を出して最終的にプラスマイナス0としても
再び来店してくれるお客さんがいれば
ドンドン売上は伸びていきます^^

 

そしてあなたのお店のファンになってくれた人は
家族や友人を誘って来店してくれるかもしれません、
それに口コミでの宣伝には広告費はかかりません。

なので1回の広告で収益がプラスマイナス0
もっと言えば1~2万円赤字だったとしても
リピーターができるビジネスモデルを作ってれば
広告を出せばだすほど右肩上がりで売上アップします。

 

ココまで読んだら分かると思いますが
悩むべきなのは広告の費用対効果ではなく
ぐるなび、チラシ、フェイスブック広告の
どれかで迷うことでもありません。

大切なのはリピート率を上げる仕組み
また客単価アップも重要になります

カフェだと平均客単価は800円と言われますが
パン、デザートなどで客単価が900円になるだけで
売上12.5%アップですからあなどれません。

 

集客が問題だと思ってるお店が多いですが
いままで見てきた店舗のほとんどが
ビジネスモデルに問題がある状態でした。

なのでまずはバケツの穴をふさいで
それから広告を打つようにしましょう^^

 

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ