飲食店で人気の出るメニューの作り方【売れる看板商品が欲しい】

p1490033

看板となる人気メニューが欲しい!

このような飲食店オーナーさんは多いです。

ウリとなる看板メニューがあれば
お客さんは来店してくれます。

例えばパンケーキが人気のカフェだとすると
ドリンクも一緒に頼むので客単価が上がりますし
カップルで来店した場合、女性がパンケーキを頼み
男性はパスタを頼んだりするので他の商品も売れます。

ただ肝心の人気の出る看板メニューの作り方が分からない
そのような悩みを持つオーナーさんは必見です^^

それではさっそくまいりましょう!

 

ターゲット設定を明確にする

人気メニューを作るうえで特に重要になるのは
お店のコンセプト、ターゲット層の設定になります。

ここがブレているとお客さんが欲しいモノと
こちらが作る商品にギャップが生まれるので
思ったより売れないということになるんですよ(汗)

例えばマクドナルド、吉野家にいく人は
安い値段でそこそこ美味しい物が食べたいわけです。

それなのに高い値段の商品を新しく
メニューに入れても売れないわけですよ。

 

じゃあ自分の飲食店はどのようなコンセントで
どんなお客さんをターゲット層にしたいのか?

安売り路線でいくのか?高級路線でいくのか?
サラリーマン向け?カップル向け?中高年向け?

言われてみると「あ~たしかに」という感じですが
いざ新メニューを作ると味、原価率などに目がいって
大切なことを忘れてしまうんですよね(汗)

 

新メニュー作りの4ステップ

例えばあなたのお店が高級路線だとしたら
安い商品を作るとブランドイメージが下がります。

また逆に庶民食堂みたいな飲食店なのに
一品2000円もするような新商品を作っても
売れるわけはないですよね?

流石にこんなことをする人はいないでしょうが
カフェなのにラーメンを出したら台無しですし
刺身とか出してもチグハグ感があります(汗)

なのでココでの話を踏まえて
以下の4ステップにそって看板メニューを作りましょう。

 

1.お店のコンセプトを再度書き出す
2.どんな人向けの商品にするか決める(ターゲット層)
3.その人たちが響くモノを調べる(リサーチ)
4.すべてを踏まえた上で新メニューを作る

 

例えばゆったり落ち着けるカフェがコンセプトなら
女子高生ではなく大人の女性向けになります。

仮に20代OL向けに新メニューを作ると決めたら
20代OLはどんな悩みがあるのか?
どんなモノが響くのかリサーチをします。

そして20代OLが響くような商品を
作れば人気がでるというわけです^^

このようにお客さんが求めてるモノはなにか
リサーチをした上で新メニューを作れば
ひとりよがりで作る時と比べて
圧倒的にハズレがなくなります。

自分が稼ぎたいからこう言う商品を作ろう
「これってイケるんじゃね?」みたいな思いつきで
新商品を作ると看板メニューどころか
目もあてられない状態になるから注意です(汗)

 

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ