eyecatch199

「着物初心者なんですが帯ってどんなものがあるんですか?」

着物同様、帯にはたくさんの種類があり、どのようなものを選べばいいのかわからないって方が多いです。

帯にも着物と同じように結婚式やパーティーなど、さまざまなシーンにあわせて帯を選ばなくてはいけません。

着物の世界でむずかしいところでもありますので、今回は基本的な帯の種類について解説していきたいと思います。


覚えておくべき5種類のおび

それではさっそく帯の種類をみていきたいと思います。おおまかな帯の種類は以下のようになります。

  • 袋帯(ふくろおび)→名前のとおり、袋状になっている帯の事。
  • 名古屋帯→結びやすいように胴に巻く部分の幅が半分になっている帯。
  • 半幅帯→袋帯や名古屋帯にくらべて幅が半分になっている帯。
  • 丸帯→その昔、礼装用として使われていた帯。今はあまり使わない。
  • 兵児帯→やわらかく、ふにゃっとした帯。基本男性用だが今は子供や女性もつかう。

まず、覚えてもらいたいのは袋帯と名古屋帯になります。

袋帯と名古屋帯の大きな違いはその長さになります。袋帯は長さでいうと4m30cm~50cm、名古屋帯は3m60cm~80cmと長さがちがいます。

これはなぜかというと帯を結ぶとき、二重太鼓(にじゅうだいこ)にするかしないかの差でこの長さになっています。

二重太鼓とは太鼓柄(背中に見える柄の部分のこと)が二重になっていることで結婚式とかお祝いごとなどでする結び方ですね。

嬉しいことが重なるようにって願いをこめてこういった結び方をするんですが、当然二重にする分、長さが必要になります。なので基本的に袋帯は礼装として使う帯が多いです。

袋帯

礼装用の袋帯は金糸や銀糸をつかい、吉祥文様(きっしょうもんよう)などをほどこした帯ですね。ただ最近ではしゃれ帯といって礼装以外でつかう帯も多くなってきました。

良くしゃれ帯の鑑定依頼もいただくんですが(私の仕事は鑑定士です)かわいい猫が書かれていたり、みみずくが描かれていたり、はたまた何故か日本昔はなし風の柄があったりとみているだけでたのしかったりします 笑

こういったカジュアル用の帯もあって幅広くつかわれるのが袋帯です。

名古屋帯

対して名古屋帯は胴に巻く部分が半分の幅になっています。こうすることによって、帯を身につける際に簡単に着付けることができるんですね。

また長さは袋帯より短く、基本的に一重太鼓(いちじゅうだいこ)で結ぶのが多いです。なので礼装というよりカジュアル、セミフォーマルなどでつかわれることが多いです。

小紋や紬といったお出かけ着の着物に合わせるパターンが多いですね。

袋帯と名古屋帯以外の帯

次に袋帯と名古屋帯以外の帯をみていきましょう。おおまかにわけると反幅帯、丸帯、兵児帯というのがあります。

半幅帯は袋帯などにくらべて半分の幅に作られているのが特徴です。主にカジュアル用でつかわれるもので、着物でいうと小紋などの外出着や浴衣などの普段着用として使われる帯ですね。

丸帯は一枚の生地を半分に折ってつくる帯で柄が裏表同じものになります。昔は礼装用で使われていた帯ですが最近では花嫁衣裳などのときにしか使われなくなってきました。

丸帯はもってみるとわかるんですが、本当に重いです。生地も二つ折りにしておっているので分厚いですね。私が女性だったら丸帯はしたくないです 汗

そして兵児帯ですがこれは男性用の帯で、ふわふわとしたやわらかい生地が特徴です。

男性用とはいいますが今は子供から女性まで幅広くつかわれており、どちらかというと若いおんなのこが浴衣などにふりふりとつけるイメージが強いかと思います。他の帯にくらべて締めやすいのも特徴ですね。

関連記事

まとめ

いかがでしたでしょうか? ここまでの内容をまとめますと・・・

  • 袋帯→袋状の帯で金糸や銀糸をつかい、吉祥文様などをほどこしたものは礼装用。カジュアルもある。
  • 名古屋帯→袋帯より締めやすくした帯。基本的には小紋や付け下げといったお着物にあわせる。
  • 半幅帯→帯の幅が通常の半分。小紋や浴衣といったお着物にあわせることが多い。
  • 丸帯→裏も表も同じ柄の重い帯。礼装用で最近はつかわない。
  • 兵児帯→ふわふわとしたやわらかい帯。基本男性用だが良く浴衣にあわせてつかうことが多い。

ここに書いた内容はあくまで基本であって例外も実はたくさんあります。着物の世界は奥ふかく、柄などによっても着れる、着られないといったものもあります。

私の着物のお師匠さんからは「一生勉強」といわれているくらいです。ただ私はこういった細かいルールはあるにしろ、着物もファッションなのでいかに楽しむかが重要だと考えています。

せっかくキレイなお着物を着るんであればいろんな方にも見せたいですし、組み合わせを楽しみたいですよね?

ルールは少しずつ覚えていけば良いんです。思いっきり着物ファッションを楽しみましょう!