gahag-001054

「式に着物を着ていきたいんですけど、何をきていけばいいのかわからないんです。」結婚ラッシュの20代から30代のお客様から良くこんな質問をいただきます。

なかなか着ていく機会のない着物。着ていきたい気持ちはすごくわかるんですよね。

結婚式にお呼ばれしたときに着ていくと会場が華やかになりますし、新郎新婦からも喜ばれるケースが多いんです。

今回はそんな結婚式の際に着る着物の知識について記事をかいていきたいと思います。

結婚式に着ていける着物の種類について

まず結婚式に来ていける着物には種類があります。以下がその着物の種類です。

  • 黒留袖(くろとめそで)→既婚女性の第一礼装で、主に新郎新婦のお母さんが着たりする着物。
  • 色留袖(いろとめそで)→既婚女性の第二礼装で、結婚式の場合、基本的に3つ紋で着る。結婚式に呼ばれた親族が着るお着物。
  • 振袖(ふりそで)→未婚女性の第一礼装。事前に新婦が着るか確認。
  • 訪問着(ほうもんぎ)→未婚、既婚を問わずに着れるお着物。最近では紋をつける風習も少なくなってきた。
  • 色無地(いろむじ)→一色染めのお着物で控えめな印象。一つ紋をつける。

黒留袖(くろとめそで)

黒留袖はもっとも格の高いお着物で新郎新婦のお母さんなどが着るお着物ですね。

黒色のお着物で絵羽模様(えばもよう)と呼ばれる豪華な柄がスソにがっつり入っているのが特徴です。なのでお呼ばれされたときに着るお着物ではなく、むしろ結婚式に呼んだ親族側のお着物ということです。

色留袖(いろとめそで

色留袖も黒留袖の次に格の高いお着物です。こちらは呼ばれた側の親族が着るお着物になります。黒留袖は色が黒しかありませんが、色留袖はさまざな色があり、結婚式の場合は3つ紋で着るのが多いです。

このように着物の種類で実は着ている人の身分が分かるような仕組みになっているんですね。この仕組みを考えた昔の人はすごいですね!

お友達の結婚式に呼ばれたといった場合に良く着られるのは振袖、訪問着、色無地の3種類になります。

振袖(ふりそで)

振袖は未婚女性の礼装着物になりますが、袖が長いのが特徴です。成人式のときに着られたという方も多いかと思います。タンスに閉まった振袖が活躍するチャンスということです。

私の場合、振袖のご売却を考えているお客様とお話することも多いんですが、状況によっては振袖を残したほうがいいという提案もしたりしますよ。今説明したように結婚式でも使えますんで!

訪問着(ほうもんぎ

訪問着は未婚、既婚を問わずに着れ、なおかつ結婚式や入学式などさまざまなシーンで活躍できることから、万能なお着物として人気の高いものです。

黒留袖や色留袖には袖に柄は入っていませんが、訪問着は袖にも柄があり、華やかな印象が特徴のお着物ですね。昔は嫁入り道具として訪問着をもたせていた家庭も多かったみたいです。

私は仕事の関係でさまざまな呉服店のかたとお話をする機会が多いんですが、やはり人気なのはこの訪問着で、需要も高いお着物となります。

「振袖は派手すぎてもう着られない」って人には柄も落ち着いているものが多いのオススメですよ。

色無地(いろむじ)

最後に色無地ですが、これは単色で染めたお着物で柄もなく、落ち着いた印象のお着物です。柄もないので変に目立つこともなく、訪問着同様、さまざなシーンで使える上品なお着物といえるでしょう。

以上のことから結婚式にお呼ばれされた際に使用するお着物としては色留袖、振袖、訪問着、色無地の4種類が適切だと言えますね。

結婚式での着物のルール

先ほど説明したようにお呼ばれされた際には色留袖、振袖、訪問着、色無地が一番適しています。

でもだからといってこれらの着物をなんでもかんでも着てもいいという訳ではないんですね。ここが着物のややこしいところでもあります。以下がそのルールになります。

  • 黒や白などのお着物は基本着ない(親族をのぞく)
  • 振袖の場合、新婦が着る可能性もあるので確認してから着る。
  • 色や柄が極端に派手なお着物は着ない。
  • 桜柄が極端に入っているお着物は避ける。
  • 小物に注意して着る。

まず、お友達の結婚式の場合、黒や白色のお着物は避けるようにしてください。
先ほど説明したように黒色は黒留袖、白やクリーム、ベージュ色などのお着物は色留袖に多い色です。この手の色にかぶってしまうような着物を着ると親族に間違われてしまい、迷惑をかけてしまいます。

振袖は目立ちすぎる

そして振袖は新婦が着る場合もあるので確認して着るようにしましょう。

振袖を一度着たことのある方ならわかるかと思いますが振袖はその役目上、非常に柄が派手なものが多いです。ヘタをすると新郎新婦より目立ってしまう可能性があるのです。

私のお客様の例ですが、振袖を結婚式に来ていったのは良いものの、花嫁より服装が目立ってしまい、新郎新婦のご親戚の方から嫌味を言われたそうです。それ以来、振袖を着るのが怖くなってしまい、振袖の売却を連絡してきたお客様がいらっしゃいました。

これは振袖以外も同じです。あくまで礼儀として花嫁より目立ってしまってはダメです。花嫁を目立たせるようにしましょう。

桜の柄のモノは要注意

また桜柄のお着物には注意が必要です。桜柄はけっして縁起の悪い柄ではありませんが、「桜散る」といった言葉があるように悪い意味でとらわれてしまうときがあるのです。

極端に桜柄が入っているものは避けるようにしましょう。ただ知り合いの呉服屋では、少しくらいの桜柄は気にしないようで進めることがあるそうです(その人いわく、どんな花も最後は散るだろうと・・・笑)

最後に小物関係にも注意を払わなくてはいけません。小物は基本的に髪飾りとリングくらいでとどめるようにしてください。

色無地のお着物を着る場合は、逆にあっさりしすぎてしまう可能性もあるので、小物で調整するのが一般的ですね。

帯の組み合わせと着付けについて

「着物はわかったけど、帯はどうすればいいの?」と思っている方も多いはず。着物と帯は切っても切り離せない存在ですよね?

着物の世界には「着物ひとつに帯3本」という言葉がありますが、帯でかなり印象は変わります。

基本的に結婚式で着用するのは吉祥文様(きっしょうもんよう)の描かれた袋帯(ふくろおび)を着用するようにしましょう。

袋帯とはその名のとおり、袋状になっている帯のことで吉祥文様とは鶴亀にはじまり、松竹梅などのめでたいとき使う柄の事です。金糸や銀糸をつかった華やかな帯ですので結婚式にはぴったりの帯になりますね。

また着物と帯がそろったら今度は着付けの問題が出てくると思います。まわりにできる方や自分でできるといった人はほとんど今はいないと思います。(ちなみに私もあまり得意ではありません。なんせ本業は鑑定士ですから・・・)

なので結婚式場や美容室で着付けの予約などを取りましょう。当然、着物と帯以外でも必要なものが色々出てきますが、一部レンタルや販売をしているのでまずは問い合わせてみるのが一番ですね。

着物にすべて必要なものがそろっている場合、かなり安く済ませることも可能で、私がお客様から聞いたときは1万ちょっとでできたなんて話も聞いたことあります。

立ち振る舞いについて

着物を着た際には立ち振る舞いについても注意が必要になります。代表的な立ち振る舞いは以下のようになります。

  • 歩幅を小さくして歩く。
  • イスに座る際は、普段より少し浅めに座る。
  • 食事をする時は汚れに注意し、ヒザにはナプキンを置くようにする。
  • 車に乗る際には、腰を先に降ろしてから足を入れるイメージで。

着物を着ると普段より大きく歩けません。なので歩幅を小さくして少し内股ぎみに歩くのがコツです。またイスに座る際には少し浅めに座るようにしましょう。帯がつぶれてしまったりもしますんで汗

そして何より食事などは特に注意です。着物は洋服に比べ袖が長いぶん汚れがつきやすいです。鑑定をする際、しみ汚れを私のほうで見ますが、やはり袖部分にシミができやすいのは明白です。

あと食事汚れではないですが腕に塗るクリームなどで、袖の内側が汚れていることが多々あります。この油汚れなどは着物専門のクリーニングに出しても落ちないときがあり、そうするととんでもなくお金がかかるときがあるのです。

着物のような絹でできているものは汚れが落ちにくく、メンテナンスがしずらいので注意しましょうね。車などに乗る際にも、腰を先に降ろしてから足を入れる形で乗るようにしましょう。降りるときは反対の手順ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 最後にまとめると・・・

  • 結婚式にお呼ばれされた際には、色留袖、振袖、訪問着、色無地を選ぶ。
  • 親族、身内だと思われないように黒や白の着物は着ない。
  • 振袖は新婦が着る場合があるので注意が必要。
  • 柄や色で派手すぎるものには注意が必要。
  • 小物は髪飾りとリングのみにし、控えめにする。
  • 帯は吉祥文様を入れた袋帯を使用する。
  • 歩き方、座り方などの立ち振る舞いに注意する。

まずはおうちに結婚式に着れるようなお着物があるかどうか確認しましょう。

子供がいてじっくりお店で見れないって人もいるかと思いますが、最近ではインターネットでレンタル着物なども盛んです。

ちなみに私の嫁もレンタル着物を一度使ったらしいですが何かのカードのポイントも一気にたまったとか言って結構満足そうにしてました笑

ぜひ、この機会に着物を着てみましょう!