着物の生地で知っておくべき4種類【初心者向け】

lgf01a201412090100

「着物の生地って色々ありすぎて意味わからない…」そう思ったことはありませんか?

種類もそうなんですが、生地や染め方など色々ありすぎて、初心者の人からするとなんのことやらサッパリですよね…

呉服店にいって一つずつ説明を聞いても良いのですが、種類・染め方・生地などの説明を聞いても覚えられませんし、聞いてて頭が痛くなってきますよね?

それにアレコレと聞いてると買わないとダメな気になってきますし…事前にネットで調べて知識をつけておいた方が、スムーズに着物選びをすることができますので^^

そこで今回は着物の記事の種類についてカンタンに解説をさせていただきます。

私は鑑定士を長年やってますので、アレコレとマニアックに書ける専門知識がありますが、初心者の方でも分かりやすいように書きますのでご安心ください!

代表的な記事の種類

最近ではさまざまな生地をつかった着物がたくさんあります。なので全てを紹介すると膨大な数になりますので、代表的なものだけ解説します。全部を知らなくてもメジャーどころさえ知っておけば良いので^^

それではさっそく見ていきましょう! 代表的な生地は以下のとおりです↓

  • 絹 かいこが吐いた糸のこと。一番多く使われる素材で、なめらかで独特の光沢がある
  • 木綿 コットンのことで、ざっくりしていて若干しわになりやすい
  • ウール 羊の毛のこと。あたたかいが着心地としては若干チクチクする。
  • ポリエステル 科学繊維。絹と比べて自宅で洗えるのが大きな特徴。

「絹=シルク」で高級品というイメージがありますよね? 肌触りが良く、なめらかで光沢があるのが特徴で、着物では一番よく使われる素材となっています。

絹は蚕(かいこ)がはいた糸のことで、着物業界で有名な品種として「小石丸(こいしまる)」と言うのがあります。小石丸の糸は繊細でけばだちが少なく、上質なので人気が高いです。

ただそのぶん飼育が難しく、一つのマユから取れる糸の量が通常の蚕の半分以下なので高級品とされています。

なので絹を使った着物はどうしても高くなりますが、高級グレードのものならではの肌触り、光沢があるのでステータス感、美しさはあります。

木綿

木綿(もめん)は浴衣などに使われる素材です。コットンの着物は夏の普段着用だと考えてください。洋服で例えるならジーパン、Tシャツと同じ部類です。

しわになりやすいという欠点がありますが、浴衣を見たら分かるように価格も手ごろで、あまり気を使わなくて良いというのは大きな強みです。

高級な着物をきると気を使いますので、普段は洋服が多くあまり慣れてないというなら、木綿素材のモノを着てみるのも良いでしょう。

ウール

ウールはあたたかさがある冬の普段着ですね。セーターとかを思い浮かべてみると一番わかりやすかと思います。

先ほど紹介した木綿と同じで、洋服の素材として使われることも多く、価格的にもお求めやすくなっています。夏は木綿、冬はウールと覚えておけば、着物を選ぶ時に迷わなくてすみますよ~

ポリエステル

そしてポリエステルは呉服店にいくと「洗えるお着物」としてよく売り出されています。

着物の最大の弱点は自宅では洗うことが難しいといった点です。その弱点をおぎなってくれるのがこのポリエステルの着物です。

私は仕事の関係上、良く茶道をやられている方、小料理屋をされている方の家にお伺いすることが多いです。そのときにお客様からよくいわれるのが「茶道や料理をしているとすぐ汚れてしまう」という話です。

お茶をやられているかたなんかはお茶の粉末がつくとなかなか落とせないですし、料理をしていると油がやっぱり気になりますよね? なのでこういったお客様に人気があるのがポリエステルの着物なんです。

ただ弱点としてはポリエステルなので静電気をおこしやすいです。冬場だとかえってほこりを吸ってしまったりなどの問題もあります。

ちなみに最近だと「絹木綿」や「シルクウール」といった混ぜ物と呼ばれる生地も出てきています。

まとめ

それではココまでの話をカンタンにまとめます。

  • 絹 高級だが品質は最高に良い
  • 木綿 夏用で浴衣に多く、気軽に着れる
  • ウール 冬用で温かく、木綿と同様でお手頃価格
  • ポリエステル 洗えるのが最大のメリット

結婚、冠婚葬祭、葬儀などに着る着物(礼装と言います)、成人式できる振り袖のように、一生モノみたいな感じで購入するキモノは、高級品の絹が使われることが多いです。

逆に夏祭りできるような浴衣は木綿、冬用の温かい着物はウールであることが多く、普段から着物をきることが多いならポリエステルという選択肢もありです。

自分の用途、ライフスタイル、ご予算に合わせて選んでください、着物は日本の和の心、美しい女性になれますよ^^

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ