着物の種類≪礼装や普段着の違い≫柄や格も解説【女性編】

zoomup
「着物ってたくさん種類あるし、細かい決まりことがいっぱいあるから難しいわ」

私の仕事は鑑定士なので着物を見ることが多いですが、こんなお話を若い女性のお客様から特にいただきます。

着物には格と呼ばれるものがあり、種類や紋の数などによって着ていける場所、シーンというのはあるていど決まってきます。

また「こういう時はこの生地がいい」といった事も多いのですが、素人には分からないというのが本音ですよね?

現代社会で着物を着ていくことが少なくなった今、「この時はどういった着物を着ればいいの?」といった不安はやはり出てきてしまいますよね?

今回は女性の着物にスポットをあて、基本的な着物の種類について書いていきたいと思います。

  

礼装、準礼装、普段使いの着物について

着物にはおおまかに分類すると、以下のように分けられます。

  • 礼装 結婚式・成人式・葬儀など冠婚葬祭用の着物
  • 準礼装 友達の結婚式、お祝い事のパーティー向けの着物
  • 普段使い お稽古、ちょっとしたお出かけ用の着物

着物はここからさらに細かく細分化されていきます。地域性などもあるのであくまで参考としてとらえて下さいね。

礼装とは冠婚葬祭に着られる着物で、着物の中では一番格の高い着物になります。例えるなら新郎新婦が着るような、ドレスやタキシードのことですね。

着る機会がなかなか無いので、最近ではレンタルが多くなってます(実際、私も結婚式の際はレンタルを使いました)

礼装は種類でいうと黒留袖(くろとめそで)、色留袖、振袖(ふりそで)、打ち掛けとよばれる4種類があります。

準礼装は着物の種類でいうと訪問着(ほうもんぎ)、付け下げ、色無地(いろむじ)、江戸小紋(えどこもん)と4種類があり、例えるならパーティードレスやパンツドレスなどのお祝い事などに着ていける着物です。

普段使いのお着物は小紋(こもん)や紬(つむぎ)と呼ばれる種類のもの、生地の材質ではウール、木綿、ポリエステルなどで作られているものが最近は多いです。

みなさんに一番馴染みが深いとすれば浴衣ですね。女性のかたなら一度は着たことはあるんじゃないでしょうか?

次の項目から更に細かく着物の種類をみていきたいと思います。

礼装の着物の種類

礼装の着物に関しては以下の種類があります。

  • 黒留袖 格のもっとも高い着物。黒色で裾に絵羽模様(えばもよう)の柄付け、5つ紋
  • 色留袖 黒留袖と違い、色つきの留袖。1つ紋、3つ紋、5つ紋とあり、それにより格が変わる
  • 振袖 未婚女性の礼装で袖が長く、華やかな柄が多いのが特徴
  • 打ち掛け 結婚式に使用される新婦の着物。ウェディングドレスとおなじ

黒留袖

黒留袖は既婚女性の礼装になります。結婚式の際、新郎新婦のお母さんが着るイメージが一番強いですね。上で説明しているように、黒色で絵羽文様、5つ紋と定められています。

絵羽模様(えばもよう)とはすそ部分に刺繍や染付けで書かれた絵のことで、着物を広げるとまるで一枚の絵画のような柄付けをされているものになります。

生地は高級品の絹が一般的ですが、最近では生産コストをおさえる為、ポリエステルの黒留袖なんてものもあります。ポリエステルだと洗うのにも楽なんでレンタル品に多いですね。

色留袖

色留袖は黒留袖と違い、さまざまな色で染められた着物になります。親族の結婚式なんかで着られるのが一般的です。

黒留袖と同じく絵羽模様(えばもよう)になっており、1・3・5つ紋と数によって格が変わります。

一枚あると色々便利なお着物です。5つ紋なら黒留袖と同格、3つ紋なら準礼装として着られますし、1つ紋なら訪問着と同格です。

なので購入をする時は自分の用途に合わせて、紋の数を見てから選ぶようにしましょう。色留袖だからといって5つ紋を普段着としてきたら浮きますので(汗)

振袖

振袖は未婚女性の礼装で、成人式に着られるのが一般的ですよね?

袖が長く、華やかな柄付けの着物で、打ち掛けは良くテレビで見られる白無垢などのお着物のことです。

打ち掛けを買って持つということは今はほとんど無いので、こういったのがあるという事だけ覚えててくれれば大丈夫です。

これらのお着物は私の経験上、「一回着てそれっきり」というのが9割を占めていて、タンスに眠っているケースが非常に多いです。

一回着てそのままなのはなかなかもったいないですよね?

なので私のオススメとしてはレンタルか、持っていても色留袖だけで良いかなーというのが正直な感想です。

準礼装の着物の種類

準礼装のお着物に関しては以下の種類があります。

  • 訪問着 華やかな柄が特徴、絵羽模様以外に袖にも柄が入っている。共八掛(ともはっかけ)が多い。
  • 付け下げ 訪問着より柄付けはあっさりして、少し落ち着いた印象のお着物。
  • 色無地 柄のないシンプルなお着物。生地には地紋があるもの、ないものがある。
  • 江戸小紋 細かいドット柄の入った染めの着物。遠くから見ると色無地に見える。

訪問着

訪問着は黒留袖、色留袖と同様に絵羽模様の入ったお着物です。

違いは袖にも柄があること。また共八掛(ともはっかけ)といって、表の生地を裏側の生地にもつかった使い方をしているのも特徴ですね。

よくお客様から「これは訪問着ですか?付け下げですか?」なんて質問を聞きます。パッと見はなかなか分かりにくいんですよね。

分からなくなったら、生地が共八掛になっているかどうか見てみましょう。これが一番わかりやすい見分け方です。

また5つ紋にすることによって色留袖と同格に着られたりと、さまざなシーンで着られるのも特徴のひとつです。

付け下げ

付け下げは訪問着より柄付けがあっさりしていて、落ち着いた印象のお着物です。

最近では生地に紬地を使用した付け下げなんかも非常に多いですね。柄も個性的なものが多かったりします。

色無地

色無地は単色のお着物で、紋をつけなければ街着としてカジュアルに着れ、一つ紋をつければ身内以外の式やパーティー用にもなる応用範囲の広いお着物です。

お値段も他のお着物に比べてお安いですし、着ていける範囲が広いので、私がもっともオススメする着物のひとつです。

生地は地紋といって、織りで柄を出しているものと、全く柄をだしていない素無地と呼ばれるものがありますが、素無地の方が柄が入っていない分、落ち着きのある感じがでるのでお茶会やパーティー向きですね。

江戸小紋

江戸小紋はドット柄に細かく型染めしたお着物で有名な柄で鮫小紋、行儀(ぎょうぎ)、角通し(かくとおし)とよばれるものが有名です。

普段使いの着物の種類

普段使いの着物については以下の種類があります。

  • 紬(つむぎ) 他の着物と違い、染めて柄を出すのではなく、織りで柄を出す「織りの着物」
  • 小紋(こもん) 小さい柄がたくさんある着物。紬はちょっとしたお買い物、お出かけなどに着れる

もともとはダメになってしまった絹糸などを使い、汚れても良いように普段の農作業などに着られていた着物ですが、今ではその技術は大変貴重で、おしゃれ着としての意味合いが強いものになります。

大島紬(おおしまつむぎ)、結城紬(ゆうきつむぎ)、牛首紬(うしくびつむぎ)などが有名で、他の着物と違い糸を先に染めて織りで柄を出す「先染めの着物」です(他の着物は「後染めの着物」なんて呼ばれたりします)

小紋は細かい柄がたくさん入ったお着物です。最近ではかわいい動物柄の小紋だったり、キャラクターが書かれていたりなど、おしゃれでかわいい小紋が多かったりします。

まとめ

いかがでしたか? かなり種類がありますがまとめると・・・

  • 礼装 結婚式・成人式・葬儀など冠婚葬祭用の着物
  • 準礼装 友達の結婚式、お祝い事のパーティー向けの着物
  • 普段使い お稽古、ちょっとしたお出かけ用の着物
  • 黒留袖 格のもっとも高い着物。黒色で裾に絵羽模様(えばもよう)の柄付け、5つ紋
  • 色留袖 黒留袖と違い、色つきの留袖。1つ紋、3つ紋、5つ紋とあり、それにより格が変わる
  • 振袖 未婚女性の礼装で袖が長く、華やかな柄が多いのが特徴
  • 打ち掛け 結婚式に使用される新婦の着物。ウェディングドレスとおなじ
  • 訪問着 華やかな柄が特徴、絵羽模様以外に袖にも柄が入っている。共八掛(ともはっかけ)が多い。
  • 付け下げ 訪問着より柄付けはあっさりして、少し落ち着いた印象のお着物。
  • 色無地 柄のないシンプルなお着物。生地には地紋があるもの、ないものがある。
  • 江戸小紋 細かいドット柄の入った染めの着物。遠くから見ると色無地に見える。
  • 紬(つむぎ) 他の着物と違い、染めて柄を出すのではなく、織りで柄を出す「織りの着物」
  • 小紋(こもん) 小さい柄がたくさんある着物。紬はちょっとしたお買い物、お出かけなどに着れる

ぶっちゃけ全部覚えることはむずかしいです。実際、私と取引している呉服屋さんも全部しりませんから(笑)

また、冒頭でも書いたように地域によって、多少違いもあるので今回書いたことは全てではありません。わからなくなったら最寄の呉服店に相談してみましょう。

またこの記事をスマホでお気に入り、ブックマークしておいて、着物屋さんで見ながら選ぶのもありですよ^^

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ